Confession 後編

突発会話オンリーSS第3弾の続き・・・を短いですがあげてみました。

ありがたくも続きが気になると言って頂いた方がいたので・・・

でももしかしたら想像と違うかもしれませんのでその際はご了承くださいませ!


そして拍手のお返事は少々お待ちください><;

ではどうぞ


「最上さん」

「ひぃ!?なんで追い掛けるんですか!?」

「君が逃げるからだよ。で、台詞の練習を俺以外とするって?それは俺じゃ君の相手に不足してると思われてるってことかな」

「と、とんでもない!むしろ勿体ないくらいです!」

「なら問題ないだろう。俺にとっても演技に触れるというのは勉強になるからね・・・君の相手をさせて欲しいんだ」

「・・・分かりました。では、改めて宜しくお願いします。でもこのままじゃ、さっきの二の舞だし・・・あの、敦賀さん流のコツなんてあればご教授いただきたいのですが!」

「コツかぁ。そうだな・・・俺の場合、大切な女性を想いながら言うだろうね。抑えきれない気持ちを言葉にのせて・・・」

「大切な人・・・。敦賀さんにそう思われる女性は幸せですね」

「そうだと良いんだけどね」

「そりゃあ天下の敦賀さんですよ?そう思わない女性の方がオカシイです!・・・あれ、私何か変なこと言いました?」

「いや・・・・・何でもないよ。それで、出来そうかな?」

「はい、脳内変換ですよね!じゃあ私も大切な人に置き換えて言ってみます。えっと・・・モー子さん!」

「それは女性だろう」

「う・・・だって、他に(友情)愛を伝えたい相手なんて・・・」

「愛、と決めつけなくても良い。ただ感謝だったり、この人がいてくれて良かったと思える、そんな存在を思い浮かべるだけで」

「・・・・・」

「誰か、浮かんだ?」

「はい・・・」

「そう・・・」

「敦賀さん?」

「・・・君にそんな顔させるのは誰だろうと思ってね。・・・どんな人?」

「ふふ・・・人じゃないんです」

「?」

「きっと、今は自由に羽ばたいてるから、もう会えないんですけど」

「それって・・・」




「敦賀さん、ずっと、ずっと・・・出会った頃から・・・好きでした」

「・・・ん、合格」

「本当ですか!?」

「もちろん。その告白が本当なら今ここで抱き締めたいくらい」




こう言うと慌てふためく君を、いつかこの腕で本当に抱き締められたらと願うのはいけないことかな。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)